ジェフ便り

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

2020年03月27日 10:55 by akanuma_keiko

【写真】米倉恒貴はJ2リーグ戦が延期中の尹晶煥監督のトレーニングについて「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」と語った。

●米倉恒貴選手:

Q:開幕戦を無失点といういい形で勝ったあと、(新型コロナウイルスで)J2リーグ戦が開催延期という形になってしまいましたが、ご自身ではどのようなモチベーションや思いを持ってトレーニングに臨まれていますか。
「モチベーションは今年から(尹晶煥監督の就任で)新体制になってやろうとしていることをより細かいところまで浸透させるということや、自分自身は尹さんのサッカーをどれだけ体に染み込ませられるかということだけを考えて維持しています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

米倉恒貴選手「チームとしてこれは絶対に揺るがないという安定したところを毎試合出していければ」

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)