ジェフ便り

【J2第14節 千葉vs岐阜】試合レポート:早い時間の先制点に追加点と入り方は上々も後半の相手の変化に対応しきれずに辛勝

試合プレビュー:岐阜のドリブラーに注意しつつ、タイトな守備に負けないパス回しで連勝を狙う

2016年05月21日 18:00 by akanuma_keiko
前節(第13節)はJ2リーグ再開初戦の熊本を迎えた千葉。立ち上がりは熊本の勢いに押され、清武功暉のドリブルの仕掛けに手を焼いてシュートを打つのを止められなかった。4分の清武のシュートは近藤直也に当たってコースが変わったが、佐藤優也が左手1本でのファインセーブ。ここで失点を阻止できたのが千葉には大きかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

【町田vs千葉】レポート:町田の縦パスにしっかり対応した守備、適切な距離感の攻撃で2-0の無失点勝利

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

【町田vs千葉】試合後の選手コメント:新井章太選手「全員で守備をして全員で攻撃をすることによって、相手の体力を奪うこともできましたし、本当に全員に感謝しています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)