ジェフ便り

【2021シーズン新体制発表会見 レポート】尹体制の『継続』で臨むも、難題に取り組んで目指すJ1昇格

【2021シーズン新体制発表会見 レポート】尹体制の『継続』で臨むも難題に取り組んで目指すJ1昇格

2021年01月29日 12:47 by akanuma_keiko

※まず筆者の体調不良などの私的な問題で、2021年になってからの更新が滞っていたことを深くお詫びいたします。

1月14日、ユナイテッドパークで千葉の2021年新体制発表が行なわれた。登壇者は、第1部が森本航代表取締役と鈴木健仁ゼネラルマネージャー、第2部は尹晶煥監督、そして第3部はコンディション不良で不参加となった小田逸稀を除く9名の新加入選手だった。今回はその新体制発表での発言などから、問題点を含めた今季の展望を考察する。

昨季は14位と大苦戦も今季で目指すのは『J1昇格』



新体制発表の場で改めて明らかになった今季の目標は『J1昇格』だ。昨季、クラブは尹晶煥監督を招聘し、2017年シーズンから2019年シーズンの途中まで指揮を執ったフアン エスナイデル元監督が指導した攻撃サッカーから、守備をベースにした戦術のサッカーへと方向転換を図った。だが、攻撃サッカーのために集められた選手が多かったこともあり、新戦術の浸透には時間がかかった。結果的に昨季の最終順位は14位となり、J1昇格争いに絡むことはできなかった。さらに、今季も昨季と同様にJ1参入プレーオフは開催されないため、2位以上にならないとJ1昇格は達成できない。そういった点を踏まえて、今季から就任した鈴木健仁ゼネラルマネージャー(GM)は「昨季の順位を考えた時に優勝というのは大変なハードルだと思う」と話しながらも、高い志を持つという意識付けもあって、1月14日の全体トレーニングの開始前に選手やスタッフには「今シーズンは必ず2位以内、自動昇格圏内、そして優勝を目指して戦っていきたい」と話したという。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「自分たちの価値を高めるために、目の前の一つひとつの試合で勝利をつかむことが大事」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「ゴール前のところでもう少し人数をかけられるように、自分も含めて積極的に攻撃参加していきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

見木友哉選手「相手のプレスを外すことが一番のポイントかなと、個人的には思います」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)