ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:攻撃に課題は残るもアグレッシブな攻守を生んだ3バック&アンカーシステムでの勝利

スタジアムからの便り (他の号の記事)

【山口vs千葉】プレビュー:調子を上げてきた山口の攻撃の芽を摘み、速攻と遅攻を使い分けてゴールを奪いきりたい

開幕から9勝1分と負けなしで首位に立つ新潟と対戦した前節(第11節)の千葉は、アンカーシステムでの3-1-4-2のフォーメーションで臨んだが、ピッチの横幅いっぱいまでうまく使...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【山口vs千葉】レポート:スタメン起用に応えた船山の『1点』を粘り強く守っての無失点勝利で連敗を止める

【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

千葉にとって攻守ともに悔いが残る敗戦となった。もちろん敗戦は悔いが残るものには違いない。だが、新潟との力関係や両チームの特徴を考えれば、千葉は先制してこそ勝利の可能性が高まる...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

サウダーニャ選手「次の試合ではもっといいコンディションで試合に挑むことができるのかなと思っています」

●サウダーニャ選手:Q:今日はJリーグ戦でジェフの一員としてのデビューとなりました。それについての率直な感想を教えてください。短い出場時間ではありましたが、今日は惜しいシュー...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

岩崎悠人選手「自分たちでボールを持つ時間がなかなか少なかった」

●岩崎悠人選手:Q:今日は2トップのような形でスタートしたと思いますが、岩崎選手としてはどのようなことを意識しながらプレーされたのでしょうか。「試合(前)のミーティングで、監...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

【新潟vs千葉】プレビュー:新潟のパスワークやドリブル突破を潰し、カウンターとセットプレーの好機を生かしたい

今季、J3から昇格した相模原と対戦した前節(第10節)の千葉は、前半から3バックの鈴木大輔と岡野洵がボールを持ち上がるなどビルドアップに参加し、ボールを保持して攻める時間が長...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【新潟vs千葉】レポート:フォーメーション変更で試合の流れは変わるも、守備時のミスと決定力不足が響いて連敗

【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

再三セットプレーのチャンスがありがらもそれを生かせなかった千葉と、千葉に比べれば多くはなかったセットプレーのチャンスを生かした相模原。結果的に勝敗の分かれ目はそこになった。そ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

鈴木大輔選手「(ゴール前を)固められた時に自分たちがどれだけ相手を動かせるかというところだと思います」

●鈴木大輔選手:Q:(試合後のオンラインでの記者会見で)相模原の三浦文丈監督が「ジェフの3バックの両脇(鈴木大輔と岡野洵)に対して、あえてボールを持たせるような守備を戦術とし...

  いいね!   jefletter_editor jefletter_editor from 【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

【千葉vs相模原】プレビュー:連動性の高いアグレッシブな守備を継続し、ゴール前への入り方を工夫して得点を狙う

第8節・栃木戦では、栃木のハイボール多用の攻撃とターゲットになる矢野貴章への対策として、試合のスタートから3バックのフォーメーションを採用した尹晶煥監督。守備は1-0で勝った...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs相模原】レポート:ロングスローからの連続シュートに耐えきれず、セットプレーを生かせずに無得点で敗戦

【千葉vs栃木】レポート:球際で粘る守備で前半は優勢も無得点で、攻撃も采配も勇気のある決断ができず引き分け

栃木のロングボール対策のための3バックへのシステム変更が奏功し、2試合連続で無失点と守備では成果のあった千葉。だが、栃木のハイプレスをかわしてゴールに迫るパスワークは思うよう...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:球際で粘る守備で前半は優勢も無得点で、攻撃も采配も勇気のある決断ができず引き分け

チャン ミンギュ選手「無失点を続けることで、前線の選手も後ろの選手をもっと信じて、積極的に(攻撃に)出ていけると思う」

●チャン ミンギュ選手:Q:今日は3バックでスタートしましたが、その練習はどのくらいやったのかということと、手応えについて教えていただけますか。「正直、トレーニングでそんなに...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:球際で粘る守備で前半は優勢も無得点で、攻撃も采配も勇気のある決断ができず引き分け

小島秀仁選手「自分自身、もっと自分に目を向けてやっていきたい」

●小島秀仁選手Q:今日の試合は相手が栃木ということでかもしれませんが、1つのオプションとして試合の頭から3バックで入りました。その狙いの部分と、実際に90分通してやってみたの...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:球際で粘る守備で前半は優勢も無得点で、攻撃も采配も勇気のある決断ができず引き分け

【千葉vs栃木】プレビュー:攻守で球際にこだわって粘り強く戦い、プレスを技術とアイデアでかわして得点を狙う

金沢と対戦した前節の千葉は、立ち上がりから福満隆貴、見木友哉が決定的なシュートを放つなど、ペースをつかんで試合を進めた。26分の飲水タイム直後には金沢に決定機を作られたが、新...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:球際で粘る守備で前半は優勢も無得点で、攻撃も采配も勇気のある決断ができず引き分け

【金沢vs千葉】レポート:前線からのプレスと球際の激しさが効果を発揮し、セットプレーの『1点』を守りきる

今節に向けての4月9日のオンラインでの囲み取材で、鈴木大輔は「内容を積み上げられてきている」「自信を持って守りたい」と話していたが、その積み上げを発揮してつかみ取った無失点で...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【金沢vs千葉】レポート:前線からのプレスと球際の激しさが効果を発揮し、セットプレーの『1点』を守りきる

小田逸稀選手「全員が信じて、みんなが連動した、いい守備ができたんじゃないかなと、全体的にそう思います」

●小田逸稀選手:Q:攻守にいい戦いができたと思いますが、試合全体を振り返ってのひと言をお願いできますか。「前半は何度かチャンスがありましたけど、前半には(チャンスで得点は)入...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【金沢vs千葉】レポート:前線からのプレスと球際の激しさが効果を発揮し、セットプレーの『1点』を守りきる

新井章太選手「今日は全員が結果にこだわったという試合でした」

●新井章太選手Q:なかなか勝てていない中で、今日の1-0の完封勝利というのは大きいのではないでしょうか。「そうですね。今日は全員が結果にこだわったという試合でした」Q:その中...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【金沢vs千葉】レポート:前線からのプレスと球際の激しさが効果を発揮し、セットプレーの『1点』を守りきる

【金沢vs千葉】プレビュー:リスクマネジメントと決定力の改善の成果を発揮し、勝ちきることで連敗を止めたい一戦

京都と対戦した前節(第6節)は、全体的に守備は悪くなく、京都に決定機を多く作らせなかったが、千葉がミスを犯したところでそのミスを京都に得点へと確実に結び付けられてしまった。3...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【金沢vs千葉】レポート:前線からのプレスと球際の激しさが効果を発揮し、セットプレーの『1点』を守りきる

尹晶煥監督「プレーできる状態にある選手たちで何とかこの状況をうまく乗り越えないといけない」

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)○尹晶煥監督Q:(第6節)京都戦後のオンラインでの記者会見で、最後の精度の部分や決定力について触れられていたと思うのですが、今週の...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【金沢vs千葉】レポート:前線からのプレスと球際の激しさが効果を発揮し、セットプレーの『1点』を守りきる

【京都vs千葉】レポート:攻守でプレーの細部と判断にミスが目立ち、戦況を変える監督の采配も見られずに連敗

千葉にとっては2試合連続での2失点での敗戦で、この連敗によって千葉はJ3自動降格圏内の21位に転落した。攻守の内容を振り返れば、そこまで悪いものではない。だが、それだけに、細...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【京都vs千葉】レポート:攻守でプレーの細部と判断にミスが目立ち、戦況を変える監督の采配も見られずに連敗

バックナンバー(もっと見る)