ジェフ便り

【千葉vs栃木】レポート:球際で粘る守備で前半は優勢も無得点で、攻撃も采配も勇気のある決断ができず引き分け

記事タイトル一覧

【千葉vs栃木】レポート:球際で粘る守備で前半は優勢も無得点で、攻撃も采配も勇気のある決断ができず引き分け

記事テーマ:スタジアムからの便り

栃木のロングボール対策のための3バックへのシステム変更が奏功し、2試合連続で無失点と守備では成果のあった千葉。だが、栃木のハイプレスをかわしてゴールに迫るパスワークは思うようにできず、ロングボールを多用した攻撃ではフィニッシュまでなかなか持ち込めなかった...

akanuma_keiko akanuma_keiko

チャン ミンギュ選手「無失点を続けることで、前線の選手も後ろの選手をもっと信じて、積極的に(攻撃に)出ていけると思う」

記事テーマ:スタジアムからの便り

●チャン ミンギュ選手:Q:今日は3バックでスタートしましたが、その練習はどのくらいやったのかということと、手応えについて教えていただけますか。「正直、トレーニングでそんなに長い時間は練習できなかったのですが、それでも、短い時間のトレーニングではあった中...

akanuma_keiko akanuma_keiko

小島秀仁選手「自分自身、もっと自分に目を向けてやっていきたい」

記事テーマ:スタジアムからの便り

●小島秀仁選手Q:今日の試合は相手が栃木ということでかもしれませんが、1つのオプションとして試合の頭から3バックで入りました。その狙いの部分と、実際に90分通してやってみたのを振り返っての手応えについて教えてください。「栃木が前線に長いボールを多く入れて...

akanuma_keiko akanuma_keiko

【千葉vs栃木】プレビュー:攻守で球際にこだわって粘り強く戦い、プレスを技術とアイデアでかわして得点を狙う

記事テーマ:スタジアムからの便り

金沢と対戦した前節の千葉は、立ち上がりから福満隆貴、見木友哉が決定的なシュートを放つなど、ペースをつかんで試合を進めた。26分の飲水タイム直後には金沢に決定機を作られたが、新井章太のセーブもあって失点を阻止。その後の前半は金沢が攻めこむ時間帯が続いたが、...

akanuma_keiko akanuma_keiko

尹晶煥監督「相手はまず去年よりもロングボールを蹴ってくることが多いので、そこの対策を今週はけっこうやったので、明日は選手たちがやってくれると思います」

記事テーマ:ユナパからの便り

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)●尹晶煥監督:Q:前節(第7節・金沢戦)は連敗を止め、アウェイで(1-0のスコアで)勝ちました。本当にいい試合だったと思うのですが、今節から3連戦が始まる中で、今季はまだホームでの勝利がないということで、今節の...

akanuma_keiko akanuma_keiko

福満隆貴選手「ホームで試合をする時は引き分けも許されないと思っているので。本当に勝つだけだと思っている」

記事テーマ:ユナパからの便り

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)●福満隆貴選手: Q:試合でのチームの内容はどんどん上向きになってきていて、それまでなかなか勝てなかったのが前節(第7節・金沢戦)で勝てたことは、チームにとってすごく自信にもなっているだろうし、なかなか取れな...

akanuma_keiko akanuma_keiko

溝渕雄志選手「チームに還元して、チームにより一層貢献したいなという思いは強い」

記事テーマ:ユナパからの便り

写真=2018年11月15日撮影 ●溝渕雄志選手: Q:このところベンチ入りをする試合が続いていますが、溝渕選手の今の状態、コンディションや手応えはどうでしょうか。「個別にコンディションは上がっていますし、個人としてのコンディションもそうだし、チーム...

akanuma_keiko akanuma_keiko

バックナンバー(もっと見る)