ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

スタジアムからの便り

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

第26節・鹿児島戦、第27節・愛媛戦では前半は得点したうえに無失点で、後半は連続失点のうえに無得点と、後半の戦いぶりに課題が残った千葉。だが、今節は試合のスタートに江尻篤彦監...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

見木友哉選手「(プロ初ゴールは)率直にうれしいですけど、チームとして勝てなかったので、悔しさのほうが大きいです」

●見木友哉選手:Q:ゴールシーンを振り返っていただけますか。「ボールが上に上がった時にアラン(ピニェイロ)がGKのところに行っているのが見えたので、もしかしたらこぼれてくるか...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

エベルト選手「センターバックの選手、DFの選手としては毎試合失点していることは本当に悔しいし、自分たちでコミュニケーションをとって、何とか失点しないようにしなきゃいけない」

●エベルト選手:Q:久しぶりの試合出場でしたが、どのような思いでピッチに入りましたか。「サッカー選手である以上、ピッチに立つということは一番嬉しいことだと思うし、(江尻篤彦)...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

安田理大選手「前に、前にというプレーを心がけたし、いいにしろ、悪いにしろ、流れを変えようと思って、積極的に前に行こうと思っていました」

●安田理大選手:Q:久しぶりの出場でしたが、安田選手が出てから試合の流れが変わって、得点も生まれました。どんなことを意識されていましたか。「前に、前にというプレーを心がけたし...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

熊谷アンドリュー選手「(工藤)浩平さんと近い距離でボールを動かしてくれと言われていたんですけど、なかなか思うようにボールを受けられなかった」

●熊谷アンドリュー選手:Q:今日の前半はアンカーシステムで、しかもアンドリュー選手がアンカーではなく小島秀仁選手がアンカーでした。アンドリュー選手に対してはどのような指示が試...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

【大宮vs千葉】プレビュー:チャレンジャーとして貪欲に得点を狙い、賢く判断しながら体を張って守りたい

先制点を奪いながら1-2で逆転負けをした第26節・鹿児島戦に続いて、千葉は前節(第27節)では前半に船山貴之とクレーベのゴールで2-0とリードしながら、後半に3失点して2-3...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko

他の号の記事

【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

試合が始まって14分になった頃、何気なく千葉ベンチを見ると、尹晶煥監督が「何でなのだろう」とでもいうような感じで首をかしげながら、テクニカルエリアからベンチに戻って来た。試合...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

為田大貴選手「少しでも(サポーターが)入ってくれていたほうがやっぱり僕たちはテンションが上がるというか、いい雰囲気だったかなと思います」

●為田大貴選手:Q:(為田選手としては)久しぶりのフクアリでのプレーでしたが、いかがでしたか。「想像以上に怪我がちょっと長引いて、コンディションのところでちょっと後手を踏んだ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

田坂祐介選手「試合運びがちょっと難しくなって後手を踏んだかなと思います」

●田坂祐介選手:Q:今日の敗戦はかなり悔しい敗戦だと思いますが、試合全体を振り返っていかがですか。「相手のロングボールに手こずる場面が前半からあって、CKをたくさん取られたり...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

【千葉vs栃木】プレビュー:相手のサイド攻撃への対応を的確に行ない、プレスをかわす攻撃でゴールを狙う

今季初のアウェイゲームだった前節(第3節・水戸戦)で、ボール支配率は水戸よりも少なかったものの、数少ない決定機を確実にモノにして3-0の快勝を収めた。その試合で、尹晶煥監督は...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:サイドの攻防で栃木の術中にはまり、スペースを有効活用できずに無得点で敗れる

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

もちろん課題が残らなかったわけではないが、千葉としては理想的な試合展開といえるような勝利だった。組織的な守備で失点を防ぎ、早い時間に先制点を取る。そして、相手が反撃を仕掛ける...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

高橋壱晟選手「まずは勝てたことが何よりも良かったです」

●高橋壱晟選手:Q:今日の試合では相手のどんなところをケアして、どういう試合にしようという意図があって臨みましたか。「(水戸に)ボールを握られることは分かっていたんですけど、...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

川又堅碁選手「いろいろと感慨深いゴールでした」

●川又堅碁選手:Q:途中出場ということで巡ってきたチャンスを一発モノにしましたが、そのゴールシーンを振り返ってください。「船山(貴之)選手がスペースにいいボールを出してくれて...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

【水戸vs千葉】プレビュー:セットプレーとサイドの攻防で優位に立ち、積極果敢に攻めることがポイントの一戦

開幕戦以来、約4カ月ぶりの開催となったJ2リーグ戦の第2節・大宮戦で、前半の千葉は優位に試合を進めながらも決定機をなかなか作れず、前半終了間際に直接FKから失点。後半はリード...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

【千葉vs大宮】レポート:身につけつつあった守備の粘り強さを欠き、攻撃は積極性とアイデアを欠いた敗戦

フクアリに向かう時から、いつものホームゲームとは違っていた。この日、筆者は総武線快速を使ってJR蘇我駅まで行ったのだが、いつもならばJR蘇我駅に近づいていくにつれ、千葉のレプ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs大宮】レポート:身につけつつあった守備の粘り強さを欠き、攻撃は積極性とアイデアを欠いた敗戦

新井章太選手「やりにくかった部分はやっぱり“入り”の部分」

●新井章太選手:Q:(味方の選手にあたってコースが変わる)ディフレクトという形で1点は取られましたが、今日はシュートがたくさん飛んできた中で、新井選手としてはほぼ完璧な試合だ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs大宮】レポート:身につけつつあった守備の粘り強さを欠き、攻撃は積極性とアイデアを欠いた敗戦

田口泰士選手「全員がゴールをもっと意識しながらプレーしなければいけない」

●田口泰士選手:Q:難しい試合だったと思うのですが、田口選手のコンディションは非常にいいように見えましたし、試合によく絡んでゲームを作っていたと思います。ジェフが攻めきれなか...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs大宮】レポート:身につけつつあった守備の粘り強さを欠き、攻撃は積極性とアイデアを欠いた敗戦

【千葉vs大宮】プレビュー:攻守の課題をどれだけ修正できたか、強豪相手に確認しながら勝利を目指す一戦

ようやくJ2リーグ戦が再開となる。2月23日の開幕戦で、千葉は攻撃的なサッカーが持ち味の琉球に対して1-0で勝った。近年、失点数の多さが大きな課題だった千葉にとって、無失点勝...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs大宮】レポート:身につけつつあった守備の粘り強さを欠き、攻撃は積極性とアイデアを欠いた敗戦

【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

試合内容が良くなかったことは選手も監督も認める言葉を口にしていた。だが、今季は、攻撃を重視して守備は前からのプレスがメインだった昨季までの数年とはまったく違う、ブロックを築い...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

田口泰士選手「最後のところはやらせないっていうのはすごく大事なこと」

●田口泰士選手:Q:リーグ開幕戦でしたが・・・。「ちばぎんカップでチームとしても個人としても悔しい思いをしたので、それをしっかり払拭するというか、その悔しさをぶつけるというか...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

川又堅碁選手「1勝というのはすごく大きいこと」

●川又堅碁選手:Q:前半の堀米勇輝選手からのクロスボールは・・・。「ホリのボールがもうちょい前だったら。あとは、後半開始のスルーパス、通せっていうのがあったんです」 Q:前...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

安田理大選手「(ディフェンスラインが)5枚になった瞬間は『イケるな』って感じました」

●安田理大選手:Q:試合開始早々にゴールが入って、波に乗れるかなと思いきや、かなり相手にボールを持たれましたが、「相手にボールを持たれましたけど、俺としては尹さんのサッカーで...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

米倉恒貴選手「(川又)堅碁がいい潰れ役になってくれたので(笑)、感謝しています」

●米倉恒貴選手:Q:先制点の場面は、ファーストシュートでファーストチャンスで、ファーストゴールでした。「そうですね。ラッキーでした」Q:得点シーンは落ち着いていたように見えま...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

【千葉vs琉球】プレビュー:ちばぎんカップで見えた攻守の課題をどれだけクリアし、好スタートを切れるか注目

尹晶煥監督が就任して新たなスタートを切った千葉が、いよいよJ2リーグ戦の開幕戦を迎える。柏に0-2で敗れた2月9日のちばぎんカップでは、攻守ともに課題が多く残り、完成度はまだ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs琉球】レポート:5バック変更時のライン設定や攻撃に課題を残すが、目指した無失点で勝利をもぎ取る

【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

今季から指揮を執る尹晶煥監督にとって初の公式戦だったちばぎんカップは、沖縄キャンプ、そしてユナイテッドパークでのトレーニングの成果を発揮できず、選手個々にとっても組織としても...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

田坂祐介選手:「サポーターの皆さんをはじめ、チームのスタッフも支えてくれて、今日、やっとピッチに戻れたので嬉しかったです」

●田坂祐介選手:「サポーターの皆さんをはじめ、チームのスタッフも支えてくれて、今日、やっとピッチに戻れたので、まあ、泣くまではいかないですけど、嬉しかったです」

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

バックナンバー(もっと見る)