ジェフ便り

【千葉vs愛媛】レポート:前半に2点リードしたものの、後半の愛媛の変化に対応できずに連続で逆転負け

スタジアムからの便り (他の号の記事)

【京都vs千葉】プレビュー:中盤での主導権争いに勝ち、サイドやセットプレーでの攻防を制して連勝を狙う

徳島と対戦した前節(第40節)の千葉は、第39節・岐阜戦からスタメンを4人変更したが、その中でもポイントになったのが、大野哲煥に代わって佐藤優也、近藤直也に代わって増嶋竜也と...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【京都vs千葉】レポート:京都の決定力不足にも助けられ、粘り強い守備と連係のよい攻撃で連続無失点勝利。

【千葉vs徳島】レポート:出場チャンスを得た選手の活躍もあり、前節の攻守の問題点の解消を図って無失点勝利

千葉としてはもっと多くゴールを取れたはずという課題は残ったにしても、前節での攻守の問題点の解消に努めた成果は出た2-0の勝利だった。互いに試合中でのシステム変更も含めた改善策...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs徳島】レポート:出場チャンスを得た選手の活躍もあり、前節の攻守の問題点の解消を図って無失点勝利

熊谷アンドリュー選手「1試合を通してチームとして戦えたという手応えはあります」

●熊谷アンドリュー選手:Q:まず試合を振り返っての感想から教えてください。「1試合を通してチームとして戦えたという手応えはあります」

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs徳島】レポート:出場チャンスを得た選手の活躍もあり、前節の攻守の問題点の解消を図って無失点勝利

増嶋竜也選手「距離感が本当によかったので、理想的な守り方だった」

●増嶋竜也選手:Q:DAZNのヒーローインタビューでも言っていましたが、本当に先制点というのは大きかったですね。「そうですね。セットプレーっていうのは意外と相手にとってはダメ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs徳島】レポート:出場チャンスを得た選手の活躍もあり、前節の攻守の問題点の解消を図って無失点勝利

【千葉vs徳島】プレビュー:前節での攻守の問題点を解消し、球際の勝負にしっかりと勝って無失点勝利を目指す

今季のJ1参入プレーオフ進出の可能性が完全に消滅して迎えた前節(第39節)の岐阜戦に、チームも、そして選手個々もプロフェッショナルの意地と誇りをかけて、応援してくれる人々のた...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs徳島】レポート:出場チャンスを得た選手の活躍もあり、前節の攻守の問題点の解消を図って無失点勝利

【岐阜vs千葉】レポート:選手の判断やプレーの精度の不足に加え、攻守でチームの組織力不足を露呈した敗戦

前節(第38節・大分戦)終了時点でJ1参入プレーオフ進出の可能性が完全に消滅した千葉にとって、今節は選手個々としてもチームとしても意地と誇りを見せる勝利を目指した一戦だった。...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【岐阜vs千葉】レポート:選手の判断やプレーの精度の不足に加え、攻守でチームの組織力不足を露呈した敗戦

【岐阜vs千葉】プレビュー:守備が復調しつつある岐阜からゴールを奪い、粘り強く守って『力』を証明してほしい

大分と対戦した前節(第38節)は試合開始早々に大野哲煥のミスを三平和司に突かれる形で失点したものの、早い時間に町田也真人が同点ゴールを奪った。だが、しっかりとパスをつなぐ攻撃...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【岐阜vs千葉】レポート:選手の判断やプレーの精度の不足に加え、攻守でチームの組織力不足を露呈した敗戦

【千葉vs大分】レポート:千葉対策を徹底した大分の守備を崩せず、失点を重ねる敗戦でJ1参入の可能性が消滅

今季の千葉が何度も見せてきたような内容の敗戦となった。ミスで相手にゴールを与えてしまい、優位に立った3バックのチームがゴール前へ5バック気味に引いてスペースを消す。千葉はボー...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs大分】レポート:千葉対策を徹底した大分の守備を崩せず、失点を重ねる敗戦でJ1参入の可能性が消滅

為田大貴選手「僕らが一番やられたくないことを常にやってきていた」

●為田大貴選手:Q:今日は大分が思っていた以上に長いボールを入れてきたと思うのですが。「まあ、うーん、相手がっていうよりも、こっちが後ろでマンツーマンでカウンター攻撃の時に対...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs大分】レポート:千葉対策を徹底した大分の守備を崩せず、失点を重ねる敗戦でJ1参入の可能性が消滅

熊谷アンドリュー選手「引かれた相手にどう戦うかっていうのはずっと課題」

●熊谷アンドリュー選手:Q:今日は思っていた以上に大分が(ロングボールを)蹴ってきたと思うのですが。「そうですね。正直、自分も想像以上にシンプルにやるなっていう印象がありまし...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs大分】レポート:千葉対策を徹底した大分の守備を崩せず、失点を重ねる敗戦でJ1参入の可能性が消滅

矢田旭選手「どうにかしてリズムを変えたいなと思いながらやっていたが、ピッチの上ではその解決策が見つけられなかった」

●矢田旭選手:Q:後半は相手に『してやられた』感があったと思いますし、相手の狙いどおりのゲームになってしまったと思うのですが、それを感じながらおそらくやっている中で、なかなか...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs大分】レポート:千葉対策を徹底した大分の守備を崩せず、失点を重ねる敗戦でJ1参入の可能性が消滅

【千葉vs大分】プレビュー:前からのプレスと連動性の高いパスワークを徹底して攻撃的な大分に攻め勝ちたい。

かつて千葉の監督だった木山隆之監督が率いるようになった山形との対戦は2分1敗と未勝利だった千葉だが、前節(第37節)ではスコアこそ2-1と1点差だったものの攻守の内容では圧倒...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs大分】レポート:千葉対策を徹底した大分の守備を崩せず、失点を重ねる敗戦でJ1参入の可能性が消滅

【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

24本ものシュートを打ちながらも得点はわずか2と決定力不足の課題は残った。だが、攻守ともに選手の距離感がよく、サポートし合うことでこぼれ球の回収率が高かった。攻守の切り替えの...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

下平匠選手「近い距離に人がいるからすぐにボールを奪い返せたり、ミスしたあとのリアクションもよかった」

●下平匠選手Q:今日は攻撃面で全体的にボールの周りもよくて、下平選手自身もしっかり攻撃参加できていい感じに見えたのですが、振り返ってみてどうでしたか。「そうですね。ボールを持...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

船山貴之選手「勝ってよかったですけど、もっと力の差を見せつけられたんじゃないかなと思います」

●船山貴之選手:「仕留めるところを仕留めないと、やっぱり厳しいかなというふうには思いますけど。勝ってよかったですけど、もっと力の差を見せつけられたんじゃないかなと思いますけど...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

町田也真人選手「(選手の)距離感も近くて、なんか久しぶりに楽しかったなというのを感じました」

●町田也真人選手:Q:今日は試合全体としてはどうでしたか。「まあ、久しぶりにというか、いいゲームだったんじゃないかなとは思います」Q:町田選手の絡みたい位置で、絡みたいタイミ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

【千葉vs山形】プレビュー:サイドと中央を効果的に使う攻撃で山形を揺さぶり、セットプレーの失点に注意したい

J2残留争いの渦中にいる熊本と対戦した前節(第36節)の千葉は、相手が前からプレッシャーをかける中、小島秀仁が縦パスを入れるなど中央から攻める形も作った。だが、その一方でサイ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

【熊本vs千葉】レポート:攻守で課題は残るもののシステム変更と船山の同点ゴールで流れを変えて逆転勝利

千葉にとって4試合ぶりの勝利となった熊本戦は、奇しくも前回対戦(第16節)と同じスコア、同じ試合展開となった。前回対戦では特に序盤の守備が機能していなかったが、今節はボールを...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【熊本vs千葉】レポート:攻守で課題は残るもののシステム変更と船山の同点ゴールで流れを変えて逆転勝利

バックナンバー(もっと見る)