ジェフ便り

【千葉vs愛媛】レポート:前半に2点リードしたものの、後半の愛媛の変化に対応できずに連続で逆転負け

スタジアムからの便り (他の号の記事)

小島秀仁「少し相手に(ロングボールを)蹴られた時にディフェンスラインも少し下がりすぎて、中盤が間延びした時間帯があった」

●小島秀仁選手:Q:今日はスタートのシステムがアンカーシステムの4-1-2-3でしたが、そのあたりはどのように感じられましたか。「そうですね。まあ、3枚にして前からのプレスと...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs新潟】レポート:攻撃力を高めたいシステム変更は機能しきれず、個と連係のミスから4失点で敗戦

田坂祐介「前半から立ち位置が悪くて、ボールがうまく回って行かないというのは、すごく自分の中で感じていた」

●田坂祐介選手:Q:今日のホーム開幕戦を振り返っての感想をお願いします。「常に先行される形だったので、非常に厳しい戦いだったと思います。シーズンは長いので下を向かずに、次はも...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs新潟】レポート:攻撃力を高めたいシステム変更は機能しきれず、個と連係のミスから4失点で敗戦

増嶋竜也「勝ちたかったです。ホーム開幕戦だったので」クレーベ「(後半、ピニェイロ選手と)2人が近い距離で、近づいてプレーするということを意識しました」

●増嶋竜也選手:Q:今日の試合を振り返っていただけますか。「勝ちたかったです。ホーム開幕戦だったので。すごく残念な結果です」Q:今日の試合は4失点という結果でしたが、そのあた...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs新潟】レポート:攻撃力を高めたいシステム変更は機能しきれず、個と連係のミスから4失点で敗戦

【千葉vs新潟】プレビュー:チームが波に乗るための『1点』となる先制点奪取と粘り強い守備で今季初勝利を狙う

2019年のJ2リーグ開幕戦は、特に後半には愛媛に主導権を握られる中でスコアレスドローに終わり、勝点1を持ち帰った千葉。その試合で負傷交代した矢田旭と茶島雄介は、今節の欠場が...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs新潟】レポート:攻撃力を高めたいシステム変更は機能しきれず、個と連係のミスから4失点で敗戦

【愛媛vs千葉】レポート:愛媛に押される展開で無失点でも、昨季の攻守の問題点が残るスコアレスドロー。

2019年の千葉のJ2リーグ戦はスコアレスドローでのスタートとなった。最大の課題である守備面に関しては無失点という結果を残した。ただし、局面での千葉の選手の体を張った粘りはあ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【愛媛vs千葉】レポート:愛媛に押される展開で無失点でも、昨季の攻守の問題点が残るスコアレスドロー。

【愛媛vs千葉】プレビュー:アイデアと連動性のある攻撃を仕掛け、攻めている時のリスク管理の徹底で勝利を狙う

千葉にとっては10回目のJ2リーグ戦が始まる。J2に降格した時、1年でJ1に復帰するつもりで戦った。だが、いろいろな要素が絡み合った末、千葉がJ2で戦うのは10シーズン目とな...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【愛媛vs千葉】レポート:愛媛に押される展開で無失点でも、昨季の攻守の問題点が残るスコアレスドロー。

【ちばぎんカップ】レポート:昨季の攻守の課題は残ってはいるもののCKで2点を奪い、PK戦を制しての勝利

PK戦での決着とはいえ、プレシーズンマッチのタイトル獲得はポジティブな材料といえる。特に、その中で最も大きな収穫と考えられるのは、これまでの千葉には数少ない仕掛けられるドリブ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【ちばぎんカップ】レポート:昨季の攻守の課題は残ってはいるもののCKで2点を奪い、PK戦を制しての勝利

佐藤優也選手試合後のコメント「今日に関してはあまりよくなかったってことじゃないですか。失点してるんだから」

●佐藤優也選手:Q:試合全体を振り返って守備の部分はどうでしたか。「うーん、まあ、2失点してるんでね。その部分はね、満足いく結果でもないし、うん、修正は、…修正というか、今日...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【ちばぎんカップ】レポート:昨季の攻守の課題は残ってはいるもののCKで2点を奪い、PK戦を制しての勝利

【ちばぎんカップ】プレビュー:J2リーグ開幕戦に向けてチームと選手個々の状態を確認したい一戦は激戦必至

千葉にとって、シーズンの本格的な幕開けを告げるものはリーグ戦の開幕戦ではなく、ちばぎんカップとなる。1週間後のJ2リーグ開幕戦に向けて、選手個々やチームの状態を再確認し、でき...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【ちばぎんカップ】レポート:昨季の攻守の課題は残ってはいるもののCKで2点を奪い、PK戦を制しての勝利

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

佐藤優也のビッグセーブ連発で今季初の3試合連続無失点とはなったが、最後まで『1点』が遠い試合だった。フアン エスナイデル監督のチーム戦術で攻撃のポイントとなるサイドを、相手が...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

矢田旭選手「ああいうのをこじ開けて行かないと来年もまた厳しい戦いになる」

●矢田旭選手:Q:今日はサイドに展開すると栃木が厚めに人をかけてきて、やはりちょっと苦しい展開だったと思うのですが、そのあたりはやっていてどうでしたか。「そうですね。もうちょ...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

船山貴之選手「自分達らしいサッカーっていうのが全くできないで終わった」

●船山貴之選手:Q:特に前半は千葉のシュートが増嶋竜也選手のヘディングの1本だけということで、やっている選手としてはどんなところがうまくいっていないと感じて、どんなところがう...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

為田大貴選手「こういう試合でやっぱりセットプレーで点を取るっていうのが(あれば)」

●為田大貴選手:Q:今日は栃木がああいう守備をしてくる中で、やはり為田選手のサイドでの仕掛けというところが監督にも評価されてのスタメン起用だったと思うのですが、そのあたりはど...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

佐藤優也選手「最後にこれだけのお客さんがまた来てくれたので、勝ちたかった」

●佐藤優也選手:Q:今日は決定機をいくつ求めて活躍しました。51分には大黒将志選手のPKを止めましたが、あのプレーについては?「まあ、たまたまです。運がよかっただけです」Q:...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

工藤浩平選手「ボールをたくさんもらってっていうのは意識しました」

●工藤浩平選手:Q:今日は後半の途中(71分)からの出場でしたが、チームとして点が取りきれない中で、工藤選手としては役割としてどんなことを与えられて…。「いや、まあ、受けては...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

【千葉vs栃木】プレビュー:5バックの栃木の守備を崩し、カウンター攻撃に注意して3試合連続無失点勝利を狙う

ついに今季のラストゲームとなった。J2リーグ戦の先にあるはずだったJ1参入プレーオフ、さらにその先にあるはずだったJ1クラブとの入れ替え戦ではないのは非常に残念だが、これが現...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

【京都vs千葉】レポート:京都の決定力不足にも助けられ、粘り強い守備と連係のよい攻撃で連続無失点勝利。

今季初の3連勝達成に向けて、前節(第40節)は徳島に2-0と無失点勝利を収めて迎えた今節。千葉は3-0と連続無失点勝利を収め、今季のJ2リーグ戦はすでに負け越しが決定している...

  いいね!   akanuma_keiko akanuma_keiko from 【京都vs千葉】レポート:京都の決定力不足にも助けられ、粘り強い守備と連係のよい攻撃で連続無失点勝利。

バックナンバー(もっと見る)