ジェフ便り

【スタジアムからの便り】天皇杯3回戦:ヴィッセル神戸戦

【選手コメント】北爪健吾選手「自分がそのサイドから裏のスペースを突くことで相手を押し込んでいくイメージでした」

2015年10月14日 22:35 by akanuma_keiko
●北爪健吾選手: 
Q:今日は試合の出だしは前の左サイドハーフでのスタートでしたね。狙いとしてはどのような指示があったのでしょうか。
「相手は両サイドに非常に攻撃力のある選手がいる中で、自分がそのサイドから裏のスペースを突くことで相手を押し込んでいくイメージでした。前半は相手も嫌がっていたのはわかったし、そんなに相手の上がりもなくて、裏を突く意味では非常によかったですけど、ワンチャンス、ツーチャンスとチャンスはあったので、そこを決めきれないとやっぱりああいう形で失点してしまうので。そういう意味では非常に悔しいゲームでした」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

見木友哉選手「やっている時は楽しかったですけど、勝たなきゃ意味がない」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

安田理大選手「結果は負けてしまいましたけど、自信を持っていいと思います」

【天皇杯3回戦:川崎Fvs千葉】レポート:先制点を奪って失点はPKでの1に抑えるも、あと『1点』が奪えずPK戦で涙を呑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)