ジェフ便り

【スタジアムからの便り】天皇杯3回戦:ヴィッセル神戸戦

【天皇杯3回戦vs神戸】プレビュー:前の選手を追い越す選手をマークして守り、ボールサイドの背後に走って得点を狙いたい。

2015年10月13日 16:11 by akanuma_keiko
天皇杯は1回戦で埼玉県代表の東京国際大学に2-0(得点者は安柄俊=2得点、町田也真人)で勝ち、2回戦・岐阜戦は松田力のゴールで1-0と競り勝って、3回戦進出を決めた千葉。3回戦の直前の公式戦だった10月10日のJ2リーグ第36節では、対福岡を意識した攻守を実践するため、関塚隆監督は3-5-2システムを採用。しっかりと後ろからパスをつないだり、高い位置でボールを奪ったりして攻める場面では、14分の水野晃樹のクロスからのオナイウ阿道のヘディングシュート、18分の松田力のループシュート、44分の田中佑昌のシュートなど決定機を作った。だが、シュートがゴールマウスを外れたり、福岡のGK中村航輔にセーブされたりして決めきれず、逆に24分、福岡にファーストチャンスをモノにされて失点。ウェリントンを警戒して3バックで臨んだが、その3バックとのマッチアップを避けてサイドに開いたウェリントンのポストプレーからゴール前に走りこんだボランチの鈴木惇にゴールを奪われた。0-1で敗れて、7位に後退となった。
 
ウェリントンにしっかりとヘディングでボールを落とされたのも痛かったが、後ろからゴール前に走りこんでくる選手のマークが連係面の問題もあって甘くなりがちな千葉にとって、守備の課題を突かれた形の失点だった。また、後ろから前線へ簡単にロングボールを蹴ってしまい、セカンドボールも拾えずにボールロストするのが目立った。相手の裏を突く狙いのロングパスではなく、前線にロングボールを収めるのに長けた選手がいない状況下でのあの戦い方は自滅そのもの。もう少しマイボールを大事にする攻撃が必要だった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

熊谷アンドリュー選手「リスクを冒すべきところは冒さないと、勝てる試合は増えてこない」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

田口泰士選手「チームとして厚みのある攻撃をもっともっと増やしていきたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のキープレーヤーを抑える守備と、ボランチの攻撃参加でのオウンゴールで勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)