ジェフ便り

【スタジアムからの便り】J2第19節大分戦

試合後のコメント:関塚隆監督「今日は勝点3を取れ、ゼロで抑えられたことが全て」井出遥也選手「押し込まれていても落ち着いてプレーできたし、焦れることはなかった」

2015年07月06日 16:02 by jefletter_editor

 

●関塚隆監督(千葉)
勝点3が取れたのは選手が集中して、よく頑張ってくれたからです。多くのサポーターが来てくれて、勝利を喜べたことには満足しています。大分はだいぶん前の組み合わせを変え、監督が代ったことでモチベーションが高く、前半の立ち上がりはかなり押し込まれました。そのなかで選手は落ち着いてプレーし、先制点が取れたのが勝因です。後半も相手の圧力があったが、我々も迫力を持って点を狙って追加点を奪おうと頑張ってくれた。今日は勝点3を取れ、ゼロで抑えられたことが全て、次につなげたいです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)