ジェフ便り

【スタジアムからの便り】J2第16節群馬戦

選手コメント(1)田代真一選手「今日は本当に状況が難しかった。でも、その中でももう少し(攻撃を)やれたらよかった」井出遥也選手「自分が仕事をして結果を残していたら、展開がやっぱり変わったのかなと思う」

2015年05月31日 18:13 by akanuma_keiko
●田代真一選手:
「ボランチとしてしっかり守ることと、前に顔を出すことやパスでの大きな展開をやって、ボランチでの自分の良さをしっかり出そうと考えて試合に入ろうとしました」

Q:強風の影響などで前半はチームが攻撃をうまく組み立てられないところもあっただけに、工夫しないといけなかったところがあったと思います。
「もちろん風の影響やピッチの芝生の影響もあったけど、それはお互いそうだし、分かっていたことなので。早い時間に(24分に森本貴幸選手が警告2回で退場処分になって)10人になってやっぱり11人の時とは戦い方が変わってきてしまうけど、そこは割り切ってやろうとして、風下だった前半は耐えることができたのはよかったかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

キム ボムヨン選手「力をしっかりと入れて、もっと前から戦いたい」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

為田大貴選手「スペースがいっぱいあったので、仕掛けることをすごく意識できる状況にありました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)