ジェフ便り

【スタジアムからの便り】J2第14節金沢戦

【千葉vs金沢】レポート:決定力不足とリード後の戦い方のまずさもあって勝ちきれずに引き分ける。

2015年05月18日 12:19 by akanuma_keiko
キックオフ直後、千葉がいきなり決定機を作った。試合開始45秒、GKの高木駿が蹴ったロングボールをネイツ ペチュニクがヘッドで流し、これを受けた金井貢史がクロス。ゴール前に飛び込んだオナイウ阿道には合わず、金沢の阿渡真也がヘディングでクリアする。こぼれ球の近くにはネイツ ペチュニクもいたが、ボレーシュートを打ったのはそこに走りこんだ佐藤健太郎。クロスバー直撃でノーゴールとなったが、千葉は厚みのある攻撃でいい試合の入り方をした。7分には谷澤達也が金沢の選手2人からショルダーチャージを受けるもドリブルで突破し、打ったミドルシュートがゴールポストの横。12分には中村太亮のCKからネイツ ペチュニクが叩きつけるヘディングシュートを見せ、ワンバウンドのボールを金沢のGK原田欽庸がなんとか弾いて清原翔平がクリアという決定機があった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)