ジェフ便り

【千葉vs山形】レポート:前半は狙いの攻守で優位に戦って先制するも、決定力不足と甘い守備で1-3の逆転負け

【千葉vs山形】レポート:前半は狙いの攻守で優位に戦って先制するも、決定力不足と甘い守備で1-3の逆転負け

2023年03月02日 12:46 by akanuma_keiko
2023年03月02日 12:46 by akanuma_keiko

終盤には退場者が出るという不運なアクシデントがありながら、ルーキーの小森飛絢が奪った先制点を守り、1-0と勝ちきった開幕戦の千葉。課題がまだあることは承知しながらも、その試合での攻守に選手たちは手応えを得ていた。だが、今節の対戦相手は、直近4シーズンの対戦成績が3分5敗と非常に相性が悪い山形。そんな悪いデータを過去のものとするような勝利をあげ、連勝でスタートダッシュできるか、千葉には今後に向けて1つのバロメーターとなる一戦だった。前半は攻守両面でやりたいことがかなりできており、小森が2試合連続ゴールとなる先制点を奪取。しかし、前半の終了直前に、最も警戒していたイサカ ゼインに同点ゴールを許すと、後半は千葉が複数の決定機を逃す一方で、山形に確実に決定機をモノにされて2失点してしまう。それもゴールゲッターとしてやはり警戒していたはずのデラトーレ、チアゴ アウベスが得点者で、彼らの決定力の高さもあったものの、千葉のゴール前の局面での守備の甘さを露呈した失点となった。昨季の最大の課題であるシュート決定力という問題も残り、非常にもったいない敗戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs秋田】プレビュー:ファーストバトルとセカンドボールの回収で勝ち、推進力のある攻撃で得点と勝利を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

【千葉vs大分】プレビュー:前節の徳島に続き近年は相性の悪い大分に、攻守で工夫と対応力を発揮して3連勝を狙う

【千葉vs大分】レポート:先制後に数多くの決定機を作るも決めきれず、CKの流れから失点して1-1の引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)