ジェフ便り

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

呉屋大翔選手「僕自身、今年で30歳になりますし、残りのサッカー人生が少ない中でどのようなことをやりたいのかということを考えた時に、ジェフでチャレンジをしたいという気持ちが芽生えたので、移籍という決断をしました」

2023年01月23日 11:00 by akanuma_keiko
2023年01月23日 11:00 by akanuma_keiko

●呉屋大翔選手:

Q:サポーターを前にしてのキックオフミーティングが終わって、いかがですか。
「ファン、サポーターの方々と顔を合わせるのも初めてだったので、非常にいい機会だったなと思っています」

Q:トレーニングが始まって、まだそんなに日にちは経っていないですが、小林義之監督がやろうとしているサッカーを呉屋選手はどのように感じて、その中で自分をどのようにアピールしようと考えていますか。
「目指しているサッカーはファン、サポーターの方々が非常にワクワクするようなサッカーとしてお見せできると思いますけど、その中で自分たちがどこまでこだわって、どこまで徹底してできるかだと思います。あとは、本当に選手たちがどこまでできるかだと思うので、まだ1週間ほどですけど、それをとても強く感じているので、本当に選手たち次第かなと僕は思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

田中和樹選手「自分は攻撃的な選手でもあると思うので、(得点力が課題だった昨季から)変わったジェフの姿を見せられる1つの要因というか存在になれたらいい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

【バックナンバー】今年ジェフ便りで掲載した選手コラム【選手からの便り】をご紹介しています。

【選手からの便り】ラリベイ:チームメイトとサポーター、そして家族を愛して体を張り続けたストライカー

2018年オフシーズンにお届けする『便り』について

【選手からの便り】佐藤勇人:現実を確かに受け止めて自覚し、大きく変わることに挑む

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)