ジェフ便り

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

山口智さん「自分自身もやっぱりその時の教えとか言われた事というのが残っているなというのは思いました」

2022年11月22日 10:30 by akanuma_keiko
2022年11月22日 10:30 by akanuma_keiko

●山口智さん:

Q:オシムさんの追悼試合をやって、率直なお気持ちはどのようなものですか。
「改めて偉大な方だったなと思いますし、日本サッカーのことを考えて成長させようとされて、サッカー界で仕事をしてこられる時もあったとは思うんですけど、それがまだまだ残っているなと再確認できたのと、自分自身もやっぱりその時の教えとか言われた事というのが残っているなというのは思いました」

Q:オシムさんがジェフの監督をされていた時は、山口さんは対戦相手のチームの選手でしたが、日本代表の選手としてオシムさんの教えを受けられて、今、ご自身が監督の立場(2021年6月から湘南の監督)になっています。そういった意味で、今までオシムさんから受けたものが変化したりしたことはありますか。
「そうですね。その時に言われたのは、選手って自分のプレーが一番だと思って選択してやるんですけど、ただ、その引き出しを増やしてくれたことというのがあります。僕はA代表の試合ではないですけど、合宿とかで言葉をもらって、そこにすごく自分の変化を覚えたというのがあるので。なんかそれが今の自分自身もけっこう気を付けていることというか、否定せず、それにプラスアルファのところでヒントを与えて、考えさせるという言い方はおこがましいですけど、そういう存在でありたいなというのがあるので、そういうものがすごく残っているなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

村井慎二さん「あの時の基盤を知っている選手が、ジェフの各所にいる。それを忘れずに伝えていきたいなと思います」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

イリアン・ストヤノフさん「2005年と2006年は本当にすごく大切なメモリー。オシムさんはすごく勉強家で、一番いい監督だった。自分もとても勉強になりました」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)