ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:攻守ともに前向きの積極果敢なハードワークで、ホーム最終戦で今季2度目の逆転勝利

田口泰士選手「みんな気持ちも入っていたし、それがピッチで表現できた」

2022年10月19日 10:45 by akanuma_keiko
2022年10月19日 10:45 by akanuma_keiko

●田口泰士選手:

Q:10月16日のオンライン取材で「最後のホームゲームくらいは勝つところを見せたいと思っている」と話していましたが、勝つところを見せられて良かったですね。
「そうですね(笑)」

Q:先ほど熊谷アンドリュー選手が言っていましたが、前節(第40節・秋田戦)の反省を生かしてというところで、セカンドボールへの反応もすごくよかったと思います。
「そうですね。みんな気持ちも入っていたし、それがピッチで表現できたかなというふうに思います」

Q:先制点を奪われたというところと、米倉恒貴選手が負傷交代したというところで、かなりゲームプランもくるってしまったと思うのですが、そのあとも冷静に試合を進めていました。今日の狙いについてはどうだったのでしょうか。
「今、おっしゃったように前節の反省を生かして、やっぱりセカンドボールだったり、局面、局面で負けないことだったり、戦うことと、自分たちがボールを持ったら、なるべく相手を動かしながらやりたいなと思っていました。それがうまくいっているシーンもありながら、ちょっと最後は合わなかったりとか、そういうシーンも多かったですけど、続けることってすごく大事だと思うし、今日は90分間通して積極的にみんなやっていたと思います。あいつ(熊谷選手)の同点ゴールがなかったらホント、分からなかったですけど。もう一回、(熊谷選手に)取材に行ってください(笑)」

Q:尹晶煥監督も試合後の記者会見で、初めてアンドリュー選手のゴールを見たから、それが一番嬉しかったと話していました。
「いや、もう練習でもね、入んないんですよ(笑)。本人が一番分かっていると思いますけど。だからもうたぶん、見ている人もそうだと思いますけど、選手側も、身内側もみんなビックリしてる」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

村井慎二さん「あの時の基盤を知っている選手が、ジェフの各所にいる。それを忘れずに伝えていきたいなと思います」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

イリアン・ストヤノフさん「2005年と2006年は本当にすごく大切なメモリー。オシムさんはすごく勉強家で、一番いい監督だった。自分もとても勉強になりました」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)