ジェフ便り

【千葉vs琉球】レポート:攻守ともに前向きの積極果敢なハードワークで、ホーム最終戦で今季2度目の逆転勝利

【千葉vs琉球】プレビュー:勝利が最低条件のチーム同士の対戦は、勝利への貪欲さを賢くプレーで表わせるかがカギ

2022年10月16日 08:38 by akanuma_keiko
2022年10月16日 08:38 by akanuma_keiko

今季のJ2リーグ戦もいよいよ残り2試合、ホームゲームは今節が最終戦となった。ただ、チームは前節(第40節)で秋田に0-3と完敗を喫してしまっただけに、10月14日の練習後のオンラインでの囲み取材で田口泰士が話したように、今節に向けての流れは非常に良くないものとなってしまっている。だが、その流れを変えられるのは、自分たちであることは間違いない。前節では球際の勝負を意識しながらも、失点シーンでは相手への寄せの甘さ、ゴール前への戻りの遅さなど、気をつけて意識したプレーをすれば、失点を防げたものもあった。また、攻撃面では序盤に櫻川ソロモンや高木俊幸に決定機があり、精度不足や秋田のGKの好守で先制点とはならなかった。今季の千葉の戦いぶりを見ていると、やはり先制点の重要性が非常に高い。ホーム最終戦という時期でもまだ千葉は、シーズン当初からの攻守の課題をクリアできていない。だが、前節終了時点での戦績は15勝10分15敗の勝点55の10位で、6位の徳島との勝点差は4。J1参入プレーオフ進出圏内(3位から6位)入りにわずかながらも可能性を残しており、その可能性は今節で勝たなければ(勝った場合でもほかの上位チームの結果次第で)、完全に消滅してしまう。今節は千葉の意地を見せ、何が何でも勝ちきらなければいけない一戦だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

村井慎二さん「あの時の基盤を知っている選手が、ジェフの各所にいる。それを忘れずに伝えていきたいなと思います」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

イリアン・ストヤノフさん「2005年と2006年は本当にすごく大切なメモリー。オシムさんはすごく勉強家で、一番いい監督だった。自分もとても勉強になりました」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)