ジェフ便り

【秋田vs千葉】レポート:プレスをかわす工夫の不足と寄せが甘い守備で、無得点&約20分間に連続3失点で完敗

新井章太選手「僕らはこの2年、(秋田に)勝てていませんし、しっかりとここでアウェイで叩いて、僕たちが上に行くんだという気持ちを見せたい」

2022年10月07日 13:25 by akanuma_keiko
2022年10月07日 13:25 by akanuma_keiko

写真:2022年10月6日撮影(クラブ提供)

●新井章太選手:

Q:前節(第39節・水戸戦)は3本くらい、(決定的なシュートでのピンチを)新井選手が防いでくれたのではないかと思います。ご自身としてはいかがでしたか。
「そうですね。開始間もないシュートと、最後のやつはよく体が反応したなと思ったので、それは普段の練習の成果かなと思いました」

Q:ただ、チームとしては厳しい試合だったと思うのですが、その反省店などについてはいかがでしょうか。
「相手も僕たちの研究をしっかりしてきているし、僕らが考えるのもそうですけど、どこでどういうふうにしたら僕らが嫌かということを、相手もやっぱりしっかりと研究してきているので、そこをどうやって自分たち選手の中で打開できるか、そこがカギになってくるなと思った試合でしたね」

Q:プレスをかけに行くところと行かないところが、いつもよりはハッキリしなかったのかなと、見ていて感じたのですが、後ろから見ていてどのように感じましたか。
「けっこう受け身になってしまったので、なかなか行きづらいというか、どこでどういうふうに行ったらいいか探していたという部分もありますけど、なかなか(プレスが)ハマらない試合もあります。だけど、結果が良ければいいという考え方でいます」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新明龍太選手「自分の特長である推進力だったり、常にゴールを意識したプレーだったりを、練習から出していってアピールしていきたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

近藤壱成選手「今季の目標は試合に出てチームの勝利に貢献すること。試合に出るために何をしなきゃいけないのかというのを365日考えて生活したい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

小森飛絢選手「大卒のルーキーイヤー二桁ゴール。自分が千葉での第一号になりたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)