ジェフ便り

【千葉vs熊本】レポート:守備に甘さが出たところを突かれて失点し、課題の決定力不足もあって連続無得点で連敗

【千葉vs熊本】プレビュー:千葉サポーターの声援を攻守のパワーに変え、粘り強い守備と工夫のある攻撃をしたい

2022年09月25日 08:27 by akanuma_keiko
2022年09月25日 08:27 by akanuma_keiko

J1参入プレーオフ進出に向けてラストスパートという時期に入り、第35節・金沢戦を2-0、第36節・岩手戦を2-1と連勝し、3連勝を目指した前節(第37節)の千葉。先に複数の得点チャンスを作ったものの決めきれないでいると、22分、サイドバックの選手が中央に入ってくるなど選手が流動的に動き、ダイレクトを交えたパスワークを見せた山形に先制点を許してしまう。44分には田邉秀斗が負傷交代というアクシデントもあったが、千葉は失点以外では簡単に決定機を作らせずに守った。尹晶煥監督は何としても得点して勝つため、56分、一気に4人の選手交代を行ない、フォーメーションを4-2-3-1に変更。63分にはチャン ミンギュがボールを持ちあがり、リカルド ロペスのスペースへのパスからチアゴ デ レオンソが決定機を迎えるが、ボールコントロールの影響で彼に追いついたDFの守備もあり、シュートを決めきれない。逆に85分、またもやダイレクトパスを交えながら中央突破を図った山形のパスワークに守備が後手となり、痛恨の2失点目を喫してしまう。試合を通して簡単にアーリークロスを入れてしまうなどクロスの上げ方にも課題があり、後半のアディショナルタイムのパワープレーも実らずに0-2で敗れた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

村井慎二さん「あの時の基盤を知っている選手が、ジェフの各所にいる。それを忘れずに伝えていきたいなと思います」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

イリアン・ストヤノフさん「2005年と2006年は本当にすごく大切なメモリー。オシムさんはすごく勉強家で、一番いい監督だった。自分もとても勉強になりました」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)