ジェフ便り

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

田口泰士選手「どれだけ勝ちたい気持ちを1試合にかけられるかだと思いますし、残り7試合というよりは本当に目の前の1試合という気持ち、どれだけその気持ちで戦えるかというのが、残りの試合で大事かなと思います」

2022年09月14日 09:05 by akanuma_keiko
2022年09月14日 09:05 by akanuma_keiko

写真=2020年2月6日撮影

●田口泰士選手:

Q:まず前節(第35節・金沢戦)はホームで勝利をあげて、得点も流れの中からのもので、手応えがあったんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。

「はい、そうですね。結果を出せたということが一番嬉しかったです。なかなかホームで勝てていなかったので、勝点3を取れたのは良かったですね」

Q:田口選手もかなり嬉しそうな笑顔を見せていましたが。

「もちろん勝ったら嬉しいですしね。ホームで本当に勝てていなかったので、そこはちょっとサポーターの皆さんに申し訳なかったですし、必ず勝ちたいという思いで臨んだので嬉しかったです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新明龍太選手「自分の特長である推進力だったり、常にゴールを意識したプレーだったりを、練習から出していってアピールしていきたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

近藤壱成選手「今季の目標は試合に出てチームの勝利に貢献すること。試合に出るために何をしなきゃいけないのかというのを365日考えて生活したい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

小森飛絢選手「大卒のルーキーイヤー二桁ゴール。自分が千葉での第一号になりたい」

~2023年キックオフミーティング後の囲み取材より~

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)