ジェフ便り

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

尹晶煥監督「相手がどういう戦い方をしてきたとしても、自分たちがどれくらい強い気持ちで相手に向かうかが大事だと思う」

2022年09月14日 08:53 by akanuma_keiko
2022年09月14日 08:53 by akanuma_keiko

 

写真=2022年9月13日撮影(クラブ提供)

●尹晶煥監督:

Q:前節(第35節)の金沢戦の振り返りですが、得点はなかなか奪えなかったにせよ、内容的には選手たちのアグレッシブな姿勢が見えて。見ていてすごくおもしろいゲームでした。尹監督はどのように振り返りますか。
「そうですね。準備していたことがすごく(プレーに)出てきていました。(ゴールマウスの)枠の中に入ったシュートもけっこう多かったですし。ただ、ゴールが1点しか入っていないのは残念です。でも、守備も攻撃もいい流れで、自分たちが主導権を持ってできた試合だったんじゃないかなと思います」

Q:試合後のDAZNでのフラッシュインタビューで「感激した」というようにお話しされていました。どのあたりが尹監督としては一番嬉しかったというか、そのあたりはどうだったのでしょうか。
「試合前日(9月9日)にそういう(尹監督の今シーズン限りの退任という)発表があって、選手たちはけっこう動揺するところもあると思っていました。でも、試合ではそういうところを見せずに、本当に試合だけに集中してやってくれたのが感激したというところです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

熊谷アンドリュー選手「(フクアリでの声出し応援は)やっぱり久しぶりなので、気持ちも入ると思うので、全力で試合に挑みたいと思っています」

【熊本戦直前レポート】熊谷アンドリュー選手「(フクアリでの声出し応援は)やっぱり久しぶりなので、気持ちも入ると思うので、全力で試合に挑みたいと思っています」

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合で、アウェイ2試合目なので、選手たちも体力的にけっこう疲れていると思うんですけど、でも、積極的にいきたい気持ちはあります」

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

田邉秀斗選手「どんな勝ち方でもいいので6位以内には入りたい」

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)