ジェフ便り

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】プレビュー:CKや左右に揺さぶる攻撃に隙なく対応し、工夫を凝らした予想外の攻撃を仕掛けたい

2022年08月07日 00:07 by akanuma_keiko
2022年08月07日 00:07 by akanuma_keiko

0-4とショッキングなスコアで大敗した第27節・甲府戦から立ち直り、仕切り直しの一戦としたかった第28節・甲府戦が、甲府に複数の新型コロナウイルス感染症の陽性判定者が出たことから、試合開催のエントリー要件を満たせなくなったため中止となった千葉。改めての仕切り直しの一戦となった前節(第29節・岡山戦)では、川崎から育成型期限付き移籍で加入したばかりの田邉秀斗がスタメン出場。さらに、佐々木翔悟、鈴木大輔、センターバックでもプレーできる髙橋壱晟が次々と負傷欠場したことで、千葉はやむなく3バックから4バックにフォーメーションを変更していたのを、前節では3バックに戻した。4バックでの千葉の守備を対戦相手が研究し、対策を講じてきたことで失点が増えてきたこと、田邉の加入、佐々木と髙橋の復帰という要素もあっての、尹晶煥監督の決断だった。

守備時は5バックになることで4バックの時のような形の守備の『穴』は目立たなくなったものの、前からのプレスは思うようにはハマらなかった。結果的にサイドからクロスを上げられて失点したが、岡山のパスをインターセプトした田邉のドリブル突破が起点となり、交代出場の櫻川ソロモンのパスからチアゴ デ レオンソが同点ゴール。決定機数で岡山に上回られた中、1-1の引き分けに持ち込んで連敗を2で止めた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】プレビュー:岡山のセットプレーやサイド攻撃などを警戒し、アイデアと技術のある攻撃で得点を狙う

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)