ジェフ便り

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

2022年08月02日 14:15 by akanuma_keiko
2022年08月02日 14:15 by akanuma_keiko

負傷で長く戦列を離れていた選手たちが試合に戻りつつある一方で、今節に向けて新型コロナウイルス感染症の陽性判定者が2名、濃厚接触者が1名出たとリリースされるアクシデントが発生した中での岡山戦は、終わってみれば追いつく形での1-1の引き分け。勝てる可能性もあったが、決定機数では岡山が千葉を上回っていただけに、千葉としてはまずまずの結果といってもいいのかもしれない。だが、連敗は2で止まったものの、J1参入プレーオフ進出圏内をまずは目指していた状況下で、J1昇格争いのライバルとなる岡山との一戦で勝点3を取りきれなかったのは正直、痛い結果でもあった。ただし、貴重な同点ゴールを生み出すきっかけとなったのは、育成型期限付き移籍で加入し、今節が千葉での初出場だった田邉秀斗。新戦力が活躍して勝点1の獲得に貢献したのは間違いなくプラス材料といえる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

村井慎二さん「あの時の基盤を知っている選手が、ジェフの各所にいる。それを忘れずに伝えていきたいなと思います」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

イリアン・ストヤノフさん「2005年と2006年は本当にすごく大切なメモリー。オシムさんはすごく勉強家で、一番いい監督だった。自分もとても勉強になりました」

【オシム元監督追悼試合】 佐藤勇人さん「継続的にオシムさんから得たものを自分たちで考えてやるということは続けていきたい」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)