ジェフ便り

【横浜FCvs千葉】レポート:攻守でやるべきことをやりきれずにミスが続き、今季最多の4失点&無得点の悔しい大敗

【横浜FCvs千葉】プレビュー:相手を自由にさせずに守ってクロスの攻撃を封じ、工夫とチャレンジのある攻撃を目指す

2022年07月17日 11:28 by akanuma_keiko
2022年07月17日 11:28 by akanuma_keiko

2-0から2-3というショッキングな敗戦となった第24節・大分戦を経て、第25節では耐える時間が長かったものの難敵の新潟に2-1と競り勝った千葉。J1参入プレーオフ進出圏内(3位から6位)の6位に浮上し、さらに上位を目指す上で必勝を期した前節(第26節)の栃木戦だったが、千葉が抱える攻守の課題が改めて浮き彫りとなった敗戦になった。前半からセットプレーを含めて複数の決定機を作ったものの、シュートの精度を欠いて得点に結びつけられない。その一方で、栃木にとってのファーストチャンスであり、前半の唯一の決定機というクロスからの攻撃で、複数のミスが重なって失点。後半はしっかり守りながらカウンター攻撃を狙うという、ここ最近の千葉がやってきた戦い方を逆に栃木に見せつけられた。千葉は負傷箇所が回復したチアゴ デ レオンソやサウダーニャが交代出場してゴールを狙ったが、攻撃のアイデア不足やプレーの精度不足もあって『1点』が遠く、0-1と無得点で敗戦。前節終了時点で9位に後退した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】プレビュー:CKや左右に揺さぶる攻撃に隙なく対応し、工夫を凝らした予想外の攻撃を仕掛けたい

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)