ジェフ便り

【千葉vs栃木】レポート:前半のワンチャンスで先制点を奪われた一方、決定力不足と攻撃の工夫不足で無得点負け

【千葉vs栃木】レポート:前半のワンチャンスで先制点を奪われた一方、決定力不足と攻撃の工夫不足で無得点負け

2022年07月13日 11:52 by akanuma_keiko
2022年07月13日 11:52 by akanuma_keiko

千葉にとってはもったいない試合であり、悔やまれる敗戦だった。前節(第25節)で難敵の新潟に勝って6位となり、ようやくJ1参入プレーオフ進出圏内(3位から6位)に入ってきたにも関わらず、今節での敗戦で今節終了後には9位に転落。J2リーグ戦はまだ終盤戦には入っておらず、今季は特に4位以下が混戦状態ではあるため、現時点での順位をどうこう言う時期ではないのかもしれない。だが、昨季までホームゲームでは4試合勝利なしと相性の悪い栃木を相手に、前半は複数の決定機を作りながらもモノにできず、逆に前半のうちに栃木にワンチャンスを決められて失点。後半はしっかりとゴール前を固めて守る栃木を崩せず、決定機を作るどころか、思うようにシュートまで持ち込めない。結局、『1点』も奪えずに敗れ、ボールを持つのが得意な相手から点を取ってしっかり守るパターンは得意ではあるものの、自分たちがボールを持つ試合で堅守の相手に苦戦するという嫌なパターンにハマってしまった。J1昇格を達成するには、このパターンを克服して勝ちきれるようにならなければいけないだけに、攻守で課題が残る敗戦だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】プレビュー:CKや左右に揺さぶる攻撃に隙なく対応し、工夫を凝らした予想外の攻撃を仕掛けたい

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)