ジェフ便り

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

2022年06月28日 11:19 by akanuma_keiko
2022年06月28日 11:19 by akanuma_keiko

●秋山陽介選手:

Q:東京Vは試合の出だしに秋山選手のいるサイド(千葉の左サイドで、東京Vには右サイド)から仕掛けてきていて、東京Vの小池純輝選手がパスをダイレクトでゴール前に折り返したりするプレーをやってきました。そういった中で、秋山選手が粘り強く対応していたことが、千葉が前半には失点しなかった要因かなと思うのですが、そのあたりでのご自身の出来はいかがでしたか。

「小池選手がああやって(ディフェンスラインの)裏を取るのが上手な選手だというのは試合前から分かっていたことだったので、もちろんケアしていたんですけど、まあ、何本かやられて(裏を)取られてしまったシーンがあったので。そこに対しては、1本やられるというか、ワンシーン、ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【群馬vs千葉】プレビュー:CKや左右に揺さぶる攻撃に隙なく対応し、工夫を凝らした予想外の攻撃を仕掛けたい

【群馬vs千葉】レポート:試合開始早々の先制点で余裕を得た千葉が、効果的な加点と粘り強い守備で3-0の勝利

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

【岡山vs千葉】レポート:後半に選手交代で形を変えた岡山に先制されるも、新戦力の攻守の活躍もあって引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)