ジェフ便り

【千葉vs大宮】レポート:2試合連続でセットプレーから失点し、前半に追いつくも追加点を奪えずに引き分ける

【千葉vs大宮】プレビュー:大宮の守備を揺さぶる攻撃と粘り強い守備で、前回対戦の借りを返す無失点勝利を狙う

2022年06月18日 09:23 by akanuma_keiko

第20節・仙台戦では前半に鈴木大輔が負傷交代となり、代わってブワニカ啓太を出場させて、フォーメーションを3-4-2-1から4-2-2-2に変更した千葉。仙台戦では仙台が4バックでミラーゲームのような形になったことが、システムのギャップを突く狙いがあった仙台に対して効力を発揮し、優位に戦う時間を作ることができた。交代出場のブワニカが先制点、見木友哉が追加点をチャンスをモノにして2-0で勝った千葉は、3バックの甲府との対戦となった前節(第21節)でも、センターバックの人材不足の影響もあって仙台戦と同じ4バックのフォーメーションを採用。試合の序盤は甲府のサイド攻撃に手こずる場面もあったものの修正を図り、22分にブワニカが先制点をゲット。その後も決定機があったものの決めきれずにいると、62分にFKから失点となった。その失点シーンでは得点者がオフサイドだったのではないかと千葉が主張するも認められず、その後のチアゴ デ レオンソ、交代出場の櫻川ソロモンが決定機で決めきれなかったこともあり、1-1の引き分けで試合終了。昨季はできなかった4連勝を狙った一戦だったが、連勝は3で止まってJ2リーグの前半戦が終わった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)