ジェフ便り

【千葉vs大宮】レポート:2試合連続でセットプレーから失点し、前半に追いつくも追加点を奪えずに引き分ける

尹晶煥監督「今、やっていることを続けことを大事にしているし、誰かがまたピンチになった時にどういうふうに埋めていくかを常に考えておかないといけない」

2022年06月18日 08:57 by akanuma_keiko

写真=2022年3月12日撮影(クラブ提供)

●尹晶煥監督:

Q:前節(第21節・甲府戦)を含めて最近の試合では、ブワニカ啓太選手とチアゴ デ レオンソ選手がよく得点に絡んでいるなという印象があって、その好調ぶりが印象的です。改めて、監督としては甲府戦の活躍も含めて、そのあたりをどのように見ていますか。

「2トップにしてから少し攻撃の人数が増えたぶん、お互いコンビネーションプレーとかボール前での人数が増えているので、そういうところがうまく(得点に絡む活躍に)つながったんじゃないかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「やってきたことを本当に90分間続けるかどうかではないでしょうか」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

櫻川ソロモン選手「攻守においてみんなでもっと統一感を持つというか、攻撃の時も守備の時も自分たちでコンセプトを持って、それを統一してやるように練習からやっています」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

田口泰士選手「もっともっとチームの勝点3に貢献したいですし、目に見える結果、得点やアシストももっとこだわってやっていきたい」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)