ジェフ便り

【甲府vs千葉】レポート:先制後の3連続のチャンスなどで追加点を奪えず、セットプレーから失点して引き分ける

【甲府vs千葉】レポート:先制後の3連続のチャンスなどで追加点を奪えず、セットプレーから失点して引き分ける

2022年06月13日 11:53 by akanuma_keiko

千葉にとっては悔やまれる引き分けとなった。22分にブワニカ啓太がJ2リーグ戦で3試合連続ゴールとなる先制点を挙げ、さらに前半のうちにCKから連続3回の決定機を作ったものの、決めきれないでいると後半にCKから失点。その後にチアゴ デ レオンソがビッグチャンスを迎えたが、シュートミスで勝ち越しゴールを奪えない。昨季は達成できなかった4連勝を今節で達成すれば、J1参入プレーオフ進出圏内の6位以内に入ってJ2リーグ戦の後半戦を迎えられたかもしれない。だが、1-1の引き分けに終わり、第20節終了時点では7位まで上げた順位は、今節終了時点では8位と1つ下がることになった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)