ジェフ便り

【甲府vs千葉】レポート:先制後の3連続のチャンスなどで追加点を奪えず、セットプレーから失点して引き分ける

【甲府vs千葉】プレビュー:3バックの甲府を相手に守備をしっかり機能させ、効果的な連係プレーでゴールを狙う

2022年06月11日 07:53 by akanuma_keiko

最近の公式戦では選手の負傷交代が続いている千葉は、第19節終了時点で首位に立っていた仙台と対戦した前節(第20節)でも、24分に鈴木大輔が負傷交代するアクシデントが発生した。センターバックで長時間プレーできる選手がベンチには不在であることから、尹晶煥監督はブワニカ啓太を入れ、想定していた4-2-2-2にフォーメーションを変更。仙台の攻撃を前からのプレスでうまく抑えつつ、ピッチを幅広く使った攻撃で得点を狙った。前半は互いに決定機を思うように作れなかったが、後半になると48分に西久保駿介のクロスをチアゴ デ レオンソがDFと競り合ったこぼれ球から、ブワニカがヘディングシュートを決めて千葉が先制。そのわずか2分後。カウンター攻撃のような形で、チアゴ デ レオンソからの絶好のスルーパスを受けた見木友哉が、GKの動きをよく見たループシュートを決めて追加点を奪った。後半の中盤以降は仙台の猛攻を受けて押し込まれる時間が長かったが、最後のところで体を張る守備、そして新井章太の2度のスーパーセーブもあって無失点。2-0と3試合連続での複数得点で、今季初の3連勝を飾った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)