ジェフ便り

【千葉vs仙台】レポート:鈴木大の負傷交代後の4バックが奏功し、後半の連続得点と粘りの守備でリーグ戦3連勝

新井章太選手「最近は本当にホームの一体感というのが出てきているので、それを含めてチームですから。その一体感をこれからも勝利につなげていきたいなと思います」

2022年06月06日 10:03 by akanuma_keiko

●新井章太選手:

Q:前節(第19節)の水戸戦に続いてのチームを救うスーパーセーブの連続がありました。そのあたりの手応えはいかがですか。

「2-0にしてくれたことによって、本当に守りやすい展開にもなりましたし、あとは自分たちが守ってあげるというところだけだと思うので、本当に集中して守備ができたかなと思います」

Q:あのスーパーセーブ2本は余裕でしたか。

「いや、余裕じゃないですよ(苦笑)。本当にギリギリすぎて、普段の練習が出ているかなと思いますね。どういうボールでも食らいつくというのが自分の中であるので、それをやっぱり普段から続けていくことが試合につながると思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)