ジェフ便り

【千葉vs仙台】レポート:鈴木大の負傷交代後の4バックが奏功し、後半の連続得点と粘りの守備でリーグ戦3連勝

【千葉vs仙台】レポート:鈴木大の負傷交代後の4バックが奏功し、後半の連続得点と粘りの守備でリーグ戦3連勝

2022年06月07日 19:15 by akanuma_keiko

J2リーグ第17節・熊本戦からスタートした今季2度目の5連戦のラストゲームとなる今節。千葉は試合ごとに負傷者が出て交代を余儀なくされるような苦しい状況が続き、今節では前半の半ばの24分に鈴木大輔が負傷交代というアクシデントが発生した。しかし、サブメンバーにセンターバックで長い時間プレーできるような選手がいなかったこともあり、尹晶煥監督は鈴木大に代えてブワニカ啓太を入れて、フォーメーションを3―4-2-1から4-2-2-2に変更。結果的にこの采配がハマった。4-2-3-1のフォーメーションの仙台は、3バックの千葉とのフォーメーションのミスマッチによるギャップを利用しての攻撃も1つの策だったが、千葉のフォーメーション変更でその狙いは潰れた。千葉は後半開始早々の48分にブワニカ啓太が先制ゴールを奪い、50分に見木友哉が追加点奪取と、立て続けに得点。その後は仙台の猛攻を受ける形となるが、天皇杯2回戦・金沢戦とは違ってしっかりと耐えきり、2-0と無失点で勝って3連勝。攻守の課題がなかったわけではないが、苦境を乗り越えて成長したといえるような勝利だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)