ジェフ便り

【千葉vs仙台】レポート:鈴木大の負傷交代後の4バックが奏功し、後半の連続得点と粘りの守備でリーグ戦3連勝

【千葉vs仙台】プレビュー:J2リーグ最多得点チームを相手にしっかりと守り、ゴールに貪欲な姿勢を貫きたい一戦

2022年06月05日 12:29 by akanuma_keiko

J2リーグ戦では第18節・長崎戦、第19節・水戸戦と、2試合連続の2得点で今季初の連勝を果たした千葉。特に、水戸戦では今季初の逆転勝利を挙げたこともあり、良くなってきた流れを生かし、天皇杯2回戦・金沢戦でしっかりと勝ちたいところだった。出場可能な選手のプレースタイルや能力的なものを踏まえ、金沢の柳下正明監督は4バックが基本のフォーメーションを天皇杯では珍しく3バックに変更。ただ、千葉はそれに混乱することなくプレーし、8分に風間宏矢のアーリークロスから櫻川ソロモンがヘディングシュートを決めて先制。前半の半ばまでは優位に戦ったものの決定機を作るまでには至らず、前半の半ば過ぎからは金沢も千葉ゴールに迫りかけたが、決定機までは作れなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)