ジェフ便り

【天皇杯2回戦:千葉vs金沢】レポート:自らゴールを奪おうとする迫力に欠け、セットプレーでのマークミスもあって逆転負け

秋山陽介選手「決定的なチャンスを前半に作りきれなかった、追加点を取りきれなかったというのは課題」

2022年06月02日 18:38 by akanuma_keiko

Q:結果としては(1-2の逆転負けで)悔しいものになってしまいましたが、前半はかなり流れでプレーできていたと思います。そのあたりの手応えはいかがですか。

「最初のほう、早い時間から自分たちのサッカーをして、点を取りに行って相手を圧倒しようという話をチームの中でもしていました。その中で早い時間(8分)に得点できて良かったんですけど、そのあとも自分たちの時間を長く作れていた中で、決定的なチャンスというのを前半に作りきれなかったというか、追加点を取りきれなかったというのは課題だと思います。そこの部分というのは一人ひとりの質もそうですし、つながりであったり、ゴールへの意識だったり、あとはどこを取りきらなければいけないのかというのを、チームの全員で共有して、その中で流動性というのを出してやっていかないといけないのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)