ジェフ便り

【天皇杯2回戦:千葉vs金沢】レポート:自らゴールを奪おうとする迫力に欠け、セットプレーでのマークミスもあって逆転負け

新井一耀選手「メンバーに入った全員でその一戦に勝ちきるということを意識してやれたらいいなと思います」

2022年06月01日 11:08 by akanuma_keiko

写真=2021年3月25日

●新井一耀選手:

Q:ブワニカ啓太選手の昨日のゴールを見てどうでしたか。

「練習でだいぶゴールを取っていたし、ブワの最近のプレーもそうですけど、ゴールに向かうプレーも見ていたので、本当にいいシュートだったし、チームを勢いづけるゴールだったので、とても良かったですね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「やってきたことを本当に90分間続けるかどうかではないでしょうか」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

櫻川ソロモン選手「攻守においてみんなでもっと統一感を持つというか、攻撃の時も守備の時も自分たちでコンセプトを持って、それを統一してやるように練習からやっています」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

田口泰士選手「もっともっとチームの勝点3に貢献したいですし、目に見える結果、得点やアシストももっとこだわってやっていきたい」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)