ジェフ便り

【千葉vs水戸】レポート:『3人目』『4人目』が連動した攻撃で得点し、体を張った守備で今季初の逆転勝利

田口泰士選手「(見木選手に)あんまり気を使わせてやらせたくないなと思ったので、『やりたいようにやっていいよ』という話はしました」

2022年05月30日 10:37 by akanuma_keiko

●田口泰士選手:

Q:今日は見木友哉選手とボランチを組んだということで、彼もボランチでのプレーは久しぶりだと思いますが、意識した点は? どういうふうにやろうとか打ち合わせをしたのですか。

「いや、別にあんまり(笑)。友哉も能力はあるし、どういうプレーをしたらいいのか分かっていると思うし、あんまり気を使わせてやらせたくないなと思ったので、『やりたいようにやっていいよ』という話はしました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)