ジェフ便り

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

2022年05月23日 11:59 by akanuma_keiko

千葉の攻撃と守備それぞれで、今季の千葉を象徴するような長所と短所が出た一戦となった。攻撃では特に後半、いい形で攻める自分たちの時間帯を作ることはできた。だが、そこで決定機をモノにできないのが続き、敗色濃厚となった後半のアディショナルタイムにセットプレーからしぶとく『1点』を奪って敗戦、そして勝ち点ゼロを免れることができた。一方、守備はスピードのある選手に対して2人がしっかりマークするなど、球際での勝負、ボールを積極的に奪いに行くプレーを見せた。だが、相手に多くのチャンスを与えることはなくても、結局、ワンチャンスで相手に得点を許してしまった。奪うべき先制点を相手に奪われたが、土壇場の同点ゴールで負けはしなかった。勝点3を奪い取らなければならない一戦で得た勝点は1という結果も、何とか追いついての引き分けという試合展開も、今季、すでに何度かあって、見慣れたものになりつつあった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)