ジェフ便り

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

小林祐介選手「後ろからもっともっと積極的な攻撃参加が必要」

2022年05月17日 10:31 by akanuma_keiko

Q:前節(第15節・岡山戦)でも、小林選手は読みのいいパスカットであったり、味方のサポートであったり、調子が上がってきていい形でチームに貢献されていると思います。今日の試合も含めて、そのあたりのご自身の手応えはいかがですか。

「今日はやっぱり、いつもの試合とちょっと違うというか、秋田がああいうハッキリとしたサッカーをやってくるうえで、いつもどおりのサッカーはなかなか難しい中で、そしてバトルも多い中で、そこでもチーム全体として球際とかで負けてはいなかったです。だけど、ああやってセットプレーの流れで失点してしまったので、そこは警戒していたところの1つでもあったので、すごくもったいなかった試合になりましたね」

Q:攻撃面では、小林選手もいい縦パスを入れたりとか、近くの選手のサポートに入ったりとか、ゴールを奪うためにいろいろ工夫されていたと思うのですが、結果としてはチームとして点が取れませんでした。そのあたりで課題になっている部分や逆に手応えを感じている部分はどこでしょうか。

「相手が(ディフェンスラインの)裏に蹴ってくるというところで、前半の最初の15分と後半の最初の15分は僕たちも相手の背後を狙おうということで、そこはハッキリとして試合運びができたんですけど、やっぱりそれだけではなくて、パスをつなげられるところはもっとつないで、相手にとって嫌な(選手と選手の)間の立ち位置であったり、そういうところをもう少しチームとしても改善できたんじゃないかと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)