ジェフ便り

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

見木友哉選手「ボランチの1人が絡んだりした時にいい攻撃をできている手応えは個人的にはある」

2022年05月17日 11:42 by akanuma_keiko

Q:相手の守備が堅いので、揺さぶらなければいけないと分かっている中で、なかなか難しかったところもあったかと思いますが、そのあたりはやっていてどうでしたか。

「まあ、相手にはワンチャンスで(点を)入れられたんですけど、他はピンチもなかったですし、(千葉には)チャンスもあったので。そこを決めていれば、違った結果になったのかなとは思います」

Q:そういう意味では、前節(第15節・岡山戦)での良かったところ、守備の頑張りとかそういったところは継続してやれたという手応えがあったのでしょうか。

「そうですね。前半から悪い感じではなかったですし、チャンスもあったので、前節からの流れはいい形で継続はできていたと思いますけど、あとは後半の最初のところとか、決めていればという感じですかね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)