ジェフ便り

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

チアゴ デ レオンソ選手「自分の『刀』をしっかりと日々、研ぎ澄ませて、試合で使うようにしています」

2022年05月15日 11:19 by akanuma_keiko

写真=2022年4月16日撮影(クラブ提供)

 

●チアゴ デ レオンソ選手:

Q:試合を重ねるごとにだいぶチームにフィットしてきたなと、見ていて感じるのですが、ご自身の手応えを教えてください。

「自分もそう感じています。フィジカル面も非常に良くなってきているという感覚がありますし、自分にとっては非常にインテンシティ(強度)が高い日本のサッカーになれてきているのかなと思っています」

Q:やはり日本のサッカーは強度が高いですか。

「そうですね。自分が今までプレーしてきた、どんなリーグよりも比べ物にならないほどインテンシティが高いです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もっと速いワンタッチプレーとか、そういうものが必要になるんじゃないかなと思います」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

小林祐介選手「チームとして声をかけながら連動してボールを奪っていきたい」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

佐々木翔悟選手「熊本はちょっと難しいフォーメーション。最初は前から守備に行って、ハマらなかった時にチームの中でうまく修正できるかが鍵になる」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)