ジェフ便り

【徳島vs千葉】レポート:状況判断と攻守のプレーの精度に課題を残し、2試合連続無得点で今季2度目の連敗

【徳島vs千葉】レポート:状況判断と攻守のプレーの精度に課題を残し、2試合連続無得点で今季2度目の連敗

2022年05月06日 14:03 by akanuma_keiko

0-3とスコアも内容も完敗だった前節(第13節・大分戦)からは、攻守ともに改善は見られた。だが、それはゴールを奪えるほどではなく、失点を防げるほどではなかった。試合の序盤は戦前の予想と比べると、千葉は前からのプレスが完全とはいわないまでも機能し、攻撃も前向きな姿勢があってボールを保持してサイド攻撃を仕掛けた。ただ、その自分たちの流れになっている時に決定機までは作れず、ゴールを奪うことはできない。時間の経過とともに徳島が主導権を握り、スタメンだった田口が退いた後半は徳島ペースで試合が進み、守備に甘さが見られたところでゴールを奪われた。前節に続いて無得点で敗れた千葉は、勝点3を積み重ねていきたかった5連戦の4試合目を終えたところで、その4試合の戦績は1勝1分2敗で、勝点は4しか積み上げられていない。上位チームとの勝点差を詰めるどころか、逆に勝点差が開いていく状況で、今節は非常に痛い敗戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】プレビュー:熊本の流動的な攻撃に対して粘り強く守り、マンマークをかわして積極的に得点を狙う

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)