ジェフ便り

【徳島vs千葉】レポート:状況判断と攻守のプレーの精度に課題を残し、2試合連続無得点で今季2度目の連敗

【徳島vs千葉】プレビュー:完敗の前節の反省材料をきちんと生かし、攻守で『前へ』の姿勢で積極的に挑みたい一戦

2022年05月04日 10:26 by akanuma_keiko

大分と対戦した前節(第13節)は0-3というスコアもそうだが、前からのプレスが思うようにハマらず、攻撃でも千葉のストロングポイントとなるサイドからの仕掛けなどが対応され、攻守でやりたいこと、やるべきことがほとんどできず、内容でも完敗という一戦だった。2-0で勝った第12節・山口戦は攻守で狙いどおりのことがかなりできていただけに、選手たちのショックは大きかったようだ。ただ、それが今の千葉の実力であることも事実だ。中2日という試合日程の疲労の蓄積があったにしても、ルヴァンカップに参戦している大分は前節が9連戦の7戦目だった。監督のスタメン選考、選手交代策などの采配の問題の部分もあったにせよ、ピッチでのプレーで大分との選手の競り合い、球際の寄せなどで千葉の選手が後手を踏んだことは確かだ。今となってはこの敗戦をいい教訓にして、前節で出た問題点に取り組み、今節から仕切り直す形でリスタートするしかない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】プレビュー:熊本の流動的な攻撃に対して粘り強く守り、マンマークをかわして積極的に得点を狙う

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)