ジェフ便り

【千葉vs大分】レポート:連動したプレスの守備と流動的な攻撃に苦戦し、最後まで修正できず今季最多失点の完敗

【千葉vs大分】レポート:連動したプレスの守備と流動的な攻撃に苦戦し、最後まで修正できず今季最多失点の完敗

2022年05月03日 12:36 by akanuma_keiko



2-0で勝った前節(第12節)の山口戦が、千葉にとって狙いの形でのゴールが生まれるなど、内容でも結果でも評価できるものだったのに対して、0-3で敗れた今節は内容でも結果でも大分に完敗の一戦となった。もちろん選手個々にそれぞれの特長があり、替えが利かない存在といえる選手は各チームにいる。千葉で言えば、田口泰士がその最たるタイプの選手だろう。とはいえ、その1人の選手が抜けただけで、チームが成り立たなくなって勝てなくなってしまうのであれば、それはチーム作りで失敗しているとも考えられる。その千葉に対して、リーグ戦での出場が少なく、主にルヴァンカップに出場している選手が出場しながら、チームとして狙っている攻守で3-0の勝利を収めたのが大分だ。スタメン選考や選手交代などの監督の手腕、そしてピッチに立った選手のプレーを比べると、前節終了時では同じ勝点16で、千葉が12位、大分が13位だったが、総合的なチーム力では千葉と大分には大きな開きがあるように感じられた一戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】プレビュー:熊本の流動的な攻撃に対して粘り強く守り、マンマークをかわして積極的に得点を狙う

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)