ジェフ便り

【千葉vs大分】レポート:連動したプレスの守備と流動的な攻撃に苦戦し、最後まで修正できず今季最多失点の完敗

小林祐介選手「もっと選手同士でコミュニケーションをとって改善できたら、もう少し結果も変わったんじゃないかなと思います」

2022年05月02日 19:24 by akanuma_keiko

●小林祐介選手:
Q:今日は久しぶりのスタメンでしたが、個人的にはどのような思いで試合に臨まれましたか。

「久しぶりのスタメンだったので、チームに貢献したいという気持ちで試合に入りましたけど、まあ、結果は0-3という残念な結果になってしまったので、本当に悔しい気持ちでいっぱいです」

Q:チームとしては前からの連動したプレスがうまくハマらなくて、それが攻撃に悪影響が出てしまったのかなという印象なのですが、そのあたりはやっていてどうでしたか。

「そうですね。前半から守備のところで、相手の立ち位置が良くてけっこうプレッシャーに行けない状況が多かったので、そこを最後まで改善できずに試合が終わってしまったので、もっと選手同士でコミュニケーションをとって改善できたら、もう少し結果も変わったんじゃないかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】プレビュー:熊本の流動的な攻撃に対して粘り強く守り、マンマークをかわして積極的に得点を狙う

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)