ジェフ便り

【徳島vs千葉】レポート:状況判断と攻守のプレーの精度に課題を残し、2試合連続無得点で今季2度目の連敗

新井一耀選手「今回出た修正点をそこでしっかりと修正して、試合の入りから表現できるようにやっていきたい」

2022年05月04日 09:52 by akanuma_keiko

写真=2021年3月25日

●新井一耀選手:
Q:前節(第13節・大分戦)の3失点について、DF陣で話し合いなどいろいろされたのでしょうか。
「そうですね。DF陣というか、前からの守備や全体の守備のところでうまくいかない部分が多かったので、そういうところを話し合いました」

Q:解決策は出たような感じですか。
「うーん、でも、相手のフォーメーションによってやり方はたぶん変わってくると思うので、そういうところでこれが正解というのはないですけど、やっぱり自分たちの強みとして前線からの守備でハメていくというところがあると思うので、そこをもう1回、忘れずにやるということと、そこで(プレスをかけに)行くのか、行かないのかという判断のところ、(相手を自陣に)引き込むのかというところで、引き込んだ時にはどういうふうに守備をするという確認みたいなのを、またやったという感じです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「もっと速いワンタッチプレーとか、そういうものが必要になるんじゃないかなと思います」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

小林祐介選手「チームとして声をかけながら連動してボールを奪っていきたい」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

佐々木翔悟選手「熊本はちょっと難しいフォーメーション。最初は前から守備に行って、ハマらなかった時にチームの中でうまく修正できるかが鍵になる」

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)