ジェフ便り

【東京Vvs千葉】試合後の選手コメント:末吉塁選手「最後の締め方というのを、この残りの連戦で修正していきたい」

【東京Vvs千葉】レポート:前半の複数の決定機をモノにできず、高木の今季初得点で先制も追いつかれて引き分け

2022年04月26日 10:15 by akanuma_keiko

主導権を握りながらも先制点を許し、1-1の引き分けに持ちこむだけで終わった第8節・町田戦と第9節・横浜FC戦。そして、攻守ともにやるべきことをやりきれず、自滅した感のある1-2の敗戦となった第10節・大宮戦。3試合連続で悔いが残る結果となり、5連戦の初戦でその流れを断ち切りたかった千葉だが、今節もまた勝ちきれずに1-1の引き分けに終わり、悔いの残る試合となった。特に、前半は内容としては守備がうまくいかずに良い内容とはいえなったが、それでも東京Vよりも多くの決定機を作りながらもノーゴール。守備を修正して臨んだ後半に、高木俊幸の千葉加入後初ゴールで先制し、追加点を奪って勝点3の獲得をより確実なものにしたかったが、次の『1点』は東京Vに入る形となった。後半の終盤は東京Vに押され気味になり、千葉はボールを奪ってもなかなか決定的なシュートを打てなかった。得点力という課題は残ったままの一戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)