ジェフ便り

【東京Vvs千葉】試合後の選手コメント:末吉塁選手「最後の締め方というのを、この残りの連戦で修正していきたい」

【東京Vvs千葉】プレビュー:攻守で泥臭く体を張って貪欲にゴールを目指し、勝利でいい流れを作りたい5連戦の初戦

2022年04月23日 07:20 by akanuma_keiko

上位にいる町田との対戦だった第8節、そして首位に立っている横浜FCと対戦した第9節と、2試合連続で試合内容では相手を上回りながらも先に失点し、セットプレーからの得点で追いついて、連続で1-1の引き分けに終わっていた千葉。内容的には勝点6を得てもいいところだったが、ゴール数がすべてのサッカーでは、前述の2試合で得た勝点は2にとどまった。それだけに、勝ちきることを目指して臨んだ前節(第10節)の大宮戦だったが、最下位で苦しむ大宮がまず失点を防いでゴール前を固める守備と千葉のプレスを警戒した攻撃を徹底するのに苦戦を強いられた。

ディフェンスラインからパスをつなぐよりも前線にロングボールを入れつつ、前へと押し上げて前線の選手がプレスをかける大宮に対して、千葉は前からプレスをかけてのボール奪取からの攻撃がうまくいかなかった。ある程度ボールを保持して動かせる中で、9分に鈴木大輔のボールコントロールが大きくなったところを、大宮の河田篤秀にボールを奪われて失点。攻めてもシュートへの積極性を欠き、手数をかけすぎるのが目につき、作った決定機をモノにできない。逆に、68分にはダブルボランチの田口泰士と熊谷アンドリューの間でパスミスになったところでボールを奪われ、カウンター攻撃を受けてまたもや失点。87分に田口のCKをチャン ミンギュがヘディングでつなぎ、新井一耀がヘディングシュートを決めて1点差としたが、その後の攻撃は実らずに1-2の敗戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)