ジェフ便り

【千葉vs横浜FC】レポート:ペースを握りながらも一瞬の隙で先制点を奪われたが、劇的なゴールで勝点1を奪い取る

福満隆貴選手「前半にあれだけチャンスを作った中で引き分けというのは、自分たちにとっては痛い引き分けかなと感じています」

2022年04月12日 09:41 by akanuma_keiko

●福満隆貴選手:

Q:前半にあれだけいいゲームができて、やっている感覚としては準備してきたことがかなりハマったという感じでしたか。

「そうですね。でも、やってきたことというよりは、ここ最近積み上げてきた攻撃の形というのが存分に出ていた試合だったと思います。その時間帯に決定機が2、3回あったので、そういうところを決めきらないとやっぱりあのワンチャンスで(失点)というのは、サッカーのあるあるというか、それにハマってしまったなという感じです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)