ジェフ便り

【千葉vs横浜FC】レポート:ペースを握りながらも一瞬の隙で先制点を奪われたが、劇的なゴールで勝点1を奪い取る

福満隆貴選手「連携を今以上にもっともっと高めていけたら、よりゴールが増えてくるのかなと感じています」

2022年04月08日 18:17 by akanuma_keiko

写真=2021年1月14日撮影(クラブ提供)

〇福満隆貴選手
Q:(新型コロナウイルス感染症や負傷などの影響で、試合から離れていた)主力の選手が戻ってきたのが、2試合前の(第7節)新潟戦からだったと思うのですが、新潟戦と前節(第8節)の町田戦の2試合の出来を振り返ってみて、いかがでしょうか。


「うーん、まあ、メンバーが戻ってきたというか、新潟戦に関しては自分たちらしい粘り強い守備の中で、最後の最後にセットプレーで点を取れて勝てたというのは、チームとしても大きかったと思います。町田戦に関しては、前半からうまく前からのプレッシャーというかプレッシングがハマって、ショートカウンターであったり、カウンター攻撃であったりというシーンも多々ありながら点が取れず、先に失点してしまったんですけど、そこから落ち着いて位というか慌てることなく、自分たちの攻撃を続けた結果、セットプレーで点が取れたのは良かったと思います。でも、流れの中から点がなかなか取れていないので、そこは一番の課題だと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「やってきたことを本当に90分間続けるかどうかではないでしょうか」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

櫻川ソロモン選手「攻守においてみんなでもっと統一感を持つというか、攻撃の時も守備の時も自分たちでコンセプトを持って、それを統一してやるように練習からやっています」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

田口泰士選手「もっともっとチームの勝点3に貢献したいですし、目に見える結果、得点やアシストももっとこだわってやっていきたい」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)